ぎっくり腰の原因で1番怖いもの。|逗子市の桜山鍼灸整骨院

こんにちは。
逗子市の桜山鍼灸整骨院です。

今回は、
ぎっくり腰の原因について
お話をさせて頂きます。

なかでも、

氣をつけなければ
ならない原因にも触れて行きたいと
思います。

そもそもぎっくり腰というのは。

ぎっくり腰。

実は病名ではないんです。


腰が突然痛くなった→ぎっくり腰と

そのような表現が一般的に
使われていだけです。

原因や病態は様々で、
個々に違いますので、

まずは
かかりつけの先生に
相談してください。

注意が必要なぎっくり腰の原因

一般的に言われている
ぎっくり腰を

急激な腰の痛みとして

考えると、

筋肉や靭帯の損傷などの
捻挫。

椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄など
加齢的な変化が背景にあり

そこに外力が加わり
痛みだすもの

最も注意しなくてはならないのは
内臓の病気。


自分がぎっくり腰と思っていても
違うことことがありますので、

本当に注意しなくてはなりません。

年末に差し掛かり
大掃除で腰にも負担が
かかりやすくなり


腰を痛める方が
多くなる時期なので


警鐘を少し鳴らす意味で
お伝えいたしました。

捻挫はcome onですが、
内臓からの痛みは病院へgoです。

わからない場合は
相談にきてください。

ではまた。