夏の肩こりは「湿邪」が原因?

こんにちは。
逗子市の桜山整骨院です。

夏になり、
蒸し暑い日が続きますが
いかがお過ごしでしょうか?

「湿邪」

東洋医学でよく耳にする言葉で
もしかしたらお聞きになったことも
あるかも知れませんが。。。

この湿邪。

夏になると盛んになると
言います。

私達の身体の外側と内側の
水分のバランスを崩して

様々な不調を引き起こします。

この時期に毎年
体調を崩す方がいれば

湿邪が原因かもしれません。


湿邪の影響が出やすいと言われているのが、
皮膚です。

湿度により
発汗で汗が毛穴に停滞して

皮膚に
痒みや湿疹が出る方も
いると思います。

また、
皮膚の表面に溜まった
汗が筋肉や関節に負担をかけたり

そして、
そこに冷房などの冷気があたり、
血流が悪くなり、

関節に負担が掛かりやすくなり
痛みの原因につながったりも
することがあります。

対策するには、

汗をタオルで拭き取ったり
冷房の温度を極端に下げたりしなければ

「湿邪」は

あなたに寄り付かないと
思います。