• mixiチェック

逗子の桜山整骨院です!むくみをとる方法とは…【足部編】

■2018/05/11 逗子の桜山整骨院です!むくみをとる方法とは…【足部編】
むくみをとる方法とは…【足部編】


足がむくむと、


ふくらはぎや太ももが、
ぱんぱんで重く感じますよね。




むくみが起きにくい生活と、
むくみをとる方法を紹介します。




日常生活から考えられる一次的なむくみ


1.長時間の立ち仕事や座る姿勢など
  同じ姿勢が続く時


血液は全身を回って心臓に戻りますが、


足に行った血液は、
ふくらはぎの筋肉を使って


静脈の血液を下から上に押し上げる
ポンプ作用により心臓に戻します。


足を動かさない時間が長いと、
下に溜まりむくみやすくなります。

2.女性特有のむくみ


女性は男性よりも筋肉が少ないため、


心臓に押し戻す働きが弱く
足がむくみやすくなります。


生理前や妊娠はホルモンの影響により
体に水分をためやすくなります。


4.塩分のとりすぎ、


塩分を多くとりすぎてしまうと、
血管の中の水分が増え、


水分をうまく排出できなくなり
体の中に溜まってしまいます。

5.運動不足、筋肉が弱くなる




ふくらはぎの筋肉が弱くなると、
ポンプ機能が低下し


足の血液を心臓へ押し上げる力が
弱くなります。


★慢性的なむくみ

心臓疾患、甲状腺疾患、腎疾患、
肝疾患、下肢静脈流など、病気が原因


一日中むくんでいる、
尿の出が悪い、痛む、


ふだんと違うむくみの時は
病院に受診しましょう。

★むくみをとる方法

・運動をする

下に溜まった水分を
ふくらはぎの筋肉を使って

心臓に戻しましょう。


ウォーキング、ストレッチをし、


足の指、足首、膝の関節を
動かすことで

ふくらはぎの筋肉が
よく使うことができます。


・冷やさない

冷えのある足は


血流が悪く
むくみやすくなります。


ゆっくりと入浴をする、
じんわり温められるお灸や

足浴などもおすすめです。


・塩分のとりす過ぎに注意


体に水分をためやすくなるので、
とり過ぎには注意しましょう。


インスタント食品、
スナック菓子など


気をつけてください。


・マッサージ


手のひらで
軽く押しながらゆっくりと、


足先から心臓に向かって
マッサージしましょう。


強く押さないでゆっくりと
気持ちよく行うのがコツです。


当院ではハリやお灸を使って
血行をよくし、


オイルトリートメントで
更にむくみの改善に努めています。

お悩みの方はご来院ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
桜山整骨院 
http://sakura-therapy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県逗子市桜山4-2-25
TEL:046-873-7863
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/gLqg7T
Twitter:http://goo.gl/kyne4V
mixi:http://goo.gl/7LXEi4
アメブロ:http://goo.gl/8NDmQ3
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
サブコンテンツ

このページの先頭へ